42

轟洋介と前田さんを好きな気持ちは全く別のものです。

映画『HiGH&LOW THE WORST』に向けて

映画公開まで あと104日

再び轟洋介を観ることができて本当にうれしいです。夢って願えば叶うんだなって、本気で思ってしまいそうです。努力せずに特大の成功体験。

全日のキービジュアル、轟洋介センターなんですよ。見ました?信じられる?これ、公式なの。はー格好良い。ビジュアルも最高ですが、真ん中に立っているという事実に痺れる。

1年ほど前に、もう新規の轟を見ることはできないだろうとほぼ諦めの気持ちでブログを書きましたけれど、まさかど真ん中センターで戻ってきてくれるとは!(主役は花岡楓士雄くんです)

映画を全力で応援したいです。

鬼邪高校スピンオフ制作関係者への感謝と、次回作へ繫げたい気持ちと、これが轟洋介の最後の作品だった場合に興行成績的にも有終の美を飾って欲しいという思いがあります。

権力も金も知名度も何もない、何者でもない自分に何ができるのか。できうる限りのことをしたい。映画が公開したら可能な限り毎日観に行くとして、それ以外に何ができるのか。

私にできそうなことをピックアップしてみます。

 

SNS

できること

  • 公式アカウントの情報にRTやいいねをする
  • #映画の名前のタグをつけて、印象が良いことを言う
  • 自分の発言をなるべく品行方正にし、信じるに足るアカウントであるように見せる
 

レビューサイトで

※ 他にもレビューサイトは多数あるようですが、ぱっと検索して出てきたとこを挙げました。

できること

  • 各サイトで自分のアカウントを作成し、「HiGH & LOW THE WORST」を観たい映画として登録する
  • 映画が公開したら星をつけレビューを書く

登録した感想:正直、使いにくそうなサイトが多いです。スマホで見たら、ファン登録ボタンが見当たりませんけど?というような感じです。PC表示にしたらありました。また、キネノートはシステムエラーが発生してしまい、まだ会員登録できていません。

 

他に何かできないか 

他になにかできないのか。もう思いつきません。できること少なすぎないですか。

公開になったらレビューを書いたり、知り合いにお薦めしたり、友人を映画に誘ったりできますが、映画公開前にできることってあまりないのかもしれない。

映画は初動が大事ってよく聞くし、公開第一週に観に行きたいという人が増えるような活動をしたいのですが、良い案が思いつきません。私がどうこうしたからってどうなるものではないのですが、何かしたいんですよね。

映画公開が楽しみで居ても立ってもいられない状態です。

ドラマが始まったら大騒ぎしたら良いかな。ドラマ見て見て見てって言ってまわったら良いかしら。

 

少し気が早いけど前売り券の話

ところで、前売り券の特典、楽しみじゃないですか。

私の希望は鬼邪高の校章バッチ(チハルが村山さんに返したやつ)か制服のボタンです。第二弾は鳳仙。それか、轟洋介のアクリルスタンドが欲しいです。前売り特典じゃなくてグッズでもうれしいなぁ。とにかく楽しみです! 

 


映画『HiGH&LOW THE WORST』10月4日(金)全国公開(特報)

 

大船遠征(行きたいお店リスト)

来週、鎌倉女子大学で前田さんのトークショーがありますね。行く予定です。楽しみです。
なに話すのかなぁ。50分単独トークって長いですよね。プロの司会の人いるみたいなので安心していますけど、本当に何の話するのかな?50分だよ?質問コーナーとかあるらしいですけど、どんな質問がくるんだろうか。
質問。難しいですよ。良い質問をするのは。
質問が良くないと答えでないですからね。
聞いてみたいこと答えて欲しいこと、難しいな。考えてみようかな。

それはさておき、
せっかく鎌倉に行くので、美味しいものも食べたいなと思いまして、大船駅周辺の美味しそうなお店(ランチ)を調べてみました。
大船駅周辺美味しそうなお店たくさんありますね!

1.海鮮丼
https://tabelog.com/kanagawa/A1404/A140401/14055650/

2.とんかつ
https://tabelog.com/kanagawa/A1404/A140401/14037223/

3.居酒屋、海鮮
https://tabelog.com/kanagawa/A1404/A140401/14033950/

4.ビストロ
https://tabelog.com/kanagawa/A1404/A140401/14069239/

海鮮多いですね。大船、海近いからなぁ。
4つあればどこか空いているでしょう。
行くお店決めたら予約します。

トークショーはお昼の12:00~12:50です。
30分前にはステージ前で待機した方が良いと聞いたので、11:20には大学についていたいところです。となると、お昼ご飯はトークショー後。13:30くらいに予約したら良いかな。

あと、美味しそうなケーキ屋さんがあるので何個か買って帰れたらいいな。
https://tabelog.com/kanagawa/A1404/A140401/14030857/
百名店だって。

前田公輝クズ役一覧

 前田公輝さん出演作を制覇するべく観ていくとクズ役の多さに驚きますよね。様々なクズを演じている。そこで「おすすめのクズ!Yes/Noチャート」を作成してみました。推しのクズがいる方も、まだその魅力に気づいていない方も、このチャートから自分にぴったりのクズを見つけていただけるとうれしいです。

f:id:arukoromo:20171221131737j:plain

 結果一覧(リンクから詳細に飛べます)

役の概要とおすすめポイント(という名の感想)をまとめました。ネタバレしてるのでまだ観ていない人は要注意です。

※〇〇はクズじゃないor自分の好きなクズがこのリストに含まれていないというご意見がある場合はご連絡いただけると幸いです。その役に対する熱い想いを聞かせて欲しいです。 

 

A いちご誘拐犯「ガードセンター24 広域警備指令室」

 キッズアイドルオタクの誘拐犯。警備員になりすましてアイドルのいちごちゃんを誘拐し、森にある別荘(いちごちゃんのためのお城)へ監禁。誘拐する際はスタンガンを使用。アイドルご本人に「アイドルいちごは現実には存在しない偶像である」と説かれて激高し、別荘に火をつける。

【おすすめポイント☆☆☆☆☆】眼鏡をかけた前田さんを見たいなら、これを見て!!眼鏡がとても似合っているし見た目が良いのに挙動不審な犯罪者でしかない。車の中でアイドルソングを歌うところの表情を見てください。手の動きも見てください。いちごちゃんに顔を寄せるところとても気持ち悪い。顔はかわいく見た目かっこいいのに気持ち悪いの最高。これを観て前田さんのことをより好きになった。気持ち悪いという感想を抱いた人に、気持ち悪いよね!!と笑顔で話しかけたい。

 

B シンジ「私立バカレア高校」第7話

 女子高生沙耶のストーカー。全然相手にされないので、悪い仲間に頼んでお目当ての子を誘拐し監禁。沙耶を助けにきた高校生哲也(松村北斗くん)が大活躍したので、沙耶にスタンガンをあてるぞと笑顔で脅して反撃。

【おすすめポイント☆☆☆☆】執着の強さ。これを観て私はヤンデレの魅力を完全に理解した。「僕は誰にも制されない」って言うところ、確実に過去に何かトラウマがある。幼少の頃に何かあったせいでこういう行動をとっているわけですよ、ちゃんと愛されて育たなかったのかな。可哀そうかわいい。子供の頃のシンジを引き取って十分な愛を注ぎ育てたい。スタンガン似合う。スタンガン持ってる役多い。

 

C 田島一馬「ビンタ!〜弁護士事務員ミノワが愛で解決します」第11‐12話

 ヒトカラしている女子高生を集団でナンパし、断られただけでその子に入院させるほどの大けがを負わせる。親の権力と金で本人は逮捕されない。集団で行動しているけれど、取り巻きの人たちに慕われてはいない。主人公のミノワの説得と裕司(佐藤大樹くん)だけは友達だと思ってくれていたことを知り、更生する気になった。

【おすすめポイント☆☆☆】女子高生に馬乗りになるところ。黒タンクトップになった際の筋肉の感じと肌の白さと艶。顔のかわいらしさ。横に倒れているときのなまめかしさ。

 

D 添島邦昭「今からあなたを脅迫します」第4話

 かつて主人公の両親を車で轢き殺したが、親の権力と金で何とかした。主人公に問い詰められても高圧的な態度をとり反省する気なし。最近も車で事故を起こしたが、お金で何とかするつもり。脅迫屋(ディーンフジオカ)により椅子に拘束され注射を打たれそうになる。

【おすすめポイント☆☆☆】ただただ悪いやつ。結構映る。衣装が3種類くらいある。椅子に拘束されて注射を打たれそうになったところが見どころではないでしょうか。

 

E 永倉卓司「ホワイト・ラボ〜警視庁特別科学捜査班〜」第8話

 未成年(19歳)だが薬物売買や美人局など犯罪を重ねていて大勢の人間に恨まれているらしい。しかも殺人犯。死体で登場。回想シーンで、薬で興奮状態に陥り心臓発作を起こして死ぬ。

【おすすめポイント☆☆】ニュースで映る写真のやばいやつ感。この写真すごい。死ぬときの迫真の演技。

 

F 中屋敷学「金田一少年の事件簿 獄門塾殺人事件」

 いじめの首謀者、最低な人間。みんなと合宿のはずがカンニング疑惑のため一人自習室へ隔離され、特に活躍せず自殺に見せかけて殺される。

【おすすめポイント☆☆】全然好きになれないクズ。性格が悪く見える。そういう役だからね。さすがです。見た目はとても良い。

 

G 小澤翔「幸運の壺 Good Fortune」

 明るくて元気でかわいいが、働いておらず彼女(主人公の妹)のお金で生活している。チャラい。金遣いが荒い。回想シーンで彼女の財布から金をとり、しかも彼女に暴力をふるっている。鍋の最中に彼女の女友達と浮気していることがばれる。事故で死ぬ。

【おすすめポイント☆☆】とにかく元気でかわいい。にこにこしててかわいい。お鍋食べるとこもかわいい。驚いてるお顔もかわいい。

 

H 南田航一郎「恋文日和」第6話

 主人公の先輩の自由人。高校卒業後、アメリカに行ってビッグになると弾けないギターを持って旅立った。その後1年音沙汰がなく、久しぶりに連絡がとれたらバンドより映画だと言い出す。彼女には言わず日本に帰ってきていた。エアギターはアドリブ。

補足:コウちゃんはクズじゃない派が一定数いる。たしかにこの並びからいくと全くクズじゃない気もする。何をもってクズとするかで判断がわかれるところなのかもしれない。コウちゃんが今後アメリカで自活できればクズじゃないと思いますが、どうだろうか。一度黙って戻ってきちゃってるし、心配な感じしませんか。ただの憧れの先輩とは違う、こいつは大丈夫だろうかという魅力があるのでクズ役リストに含めました。

【おすすめポイント☆☆☆☆☆】保健室のシーン何度観ても萌えころがる。そこだけでいいから見てください。髪の毛ふわふわ、お顔まっしろ。視線の動き、声の掠れ、「余裕できたらこっちきてよ」のあとの顔。彼女の様子を窺いつつ覗き込んでの「だめ?」ここを観ると必ず大ダメージを受ける。ほんっとかわいいから。スペシャルかわいい。気を遣う繊細な子なんでしょうね。恋愛ドラマでヒロインの相手役なところが珍しい。

 

I 班目孝介「ホテルコパン」

 ホテルの宿泊客カップルの優しそうな彼氏。彼女とは共依存の関係。彼女に子供ができたと打ち明けられる。監督曰く、幼少期に母親からプチ虐待を受けていた。女性に対してどこか不信感や嫌悪感を持っている。

補足:孝ちゃんもクズじゃない。私もクズじゃない派。でも、とった行動はクズに分類されるようなので、クズ役リストに含めました。

【おすすめポイント☆☆☆☆☆☆】最後のパーティーのところ、観てて苦しいつらい。しんどい。入り込んでしまう。あの表情を見たら責めることはできない。寝ている場面で腕にアザがあってせつなくなる。孝ちゃんについてどう書けば伝わるかわからない。映画だけど、班目孝介は現実の世界を生きている。安易な私は孝ちゃんを幸せにしたいと思うけど、そう簡単に幸せにならない。こういうのが観たくて私は前田公輝を観ている。

 

J 佑太「TOKYO CITY GIRL/KOENJI 夢の寿命」

 自称パチプロ、パチンコ狂いの無職。彼女がピンサロで働いていても気にしない、逆にもえるらしい。彼女とどこかに出かける約束をパチンコを理由に断る。出会ったころは俳優になる夢があった。

【おすすめポイント☆☆☆☆☆☆】短時間で高濃度の前田公輝を摂取できる。かわいいーとか恰好いいーとかそういうのじゃない。IもJもゆるく観れない。空気が変わる瞬間があって、そこからは息を詰めて観ることになる。私の摂取したい前田公輝はこういうのなんだよ。観てて心を動かされてつらくなるやつ。とはいえ私は短パン萌えなので、佑太が短パンを履いているところはおすすめポイントに書かざるを得ない。居酒屋での座り方。歩きながらのパチンコについての話が本当にしょうもなくてびっくりする、こういうやついる。少し優しく話すところ。舌打ちするところ。夢なんか全部もれなく死ぬんだよ。

 

K 木崎修「三匹のおっさん スペシャル」

 司法試験に挑む学生(32)と思いきや連続放火犯。公園で司法試験を受けるアピールをする趣味がある様子。放火しているところを小学生男子に目撃され逃げるが、追いつかれて顔を見られたので誘拐し監禁する。5年連続で司法試験に落ちむしゃくしゃして放火したらしい。なぜか誘拐した子供の口を塞ぐ前に足を椅子に縛り付けようとし、子供の叫び声でおっさん達に監禁場所がばれる。

【おすすめポイント☆☆】最新のクズかつ犯罪者役!最も新しい前田公輝が観られる。オレンジ色のコート似合うね、かわいいね。マッチを擦って火をみるときの表情の変化。どんくさい走り方。小学生男子ともみ合う場面。おっさんたちから攻撃を受けた際のやられっぷり。

 

さいごに

 自己満足のために一覧にしてみたのですが、誰かに読んでもらえたらうれしいです。 本当は図鑑にしたいです。公式で権利者について記載すれば自由に使用して良いよって画像を1枚くらい用意してくれたらとても良いのになぁと思います。映像の場合、引用ってどうすれば良いのだろうか。勉強中。

轟洋介について

 現在、この世界で確認できる前田公輝版轟洋介の映像はS2ep7,8,10, THE MOVIEだけであり、ザムが公開された2016年7月16日から1年以上が経過しています。

 ザム2に轟はいなかった。そしてザム3にもいなかった。ザム3ではHiGH&LOWがひとつの終焉を迎えているし、鬼邪高のスピンオフがあったとしても正直なところ全日勢の登場は期待できないのではないか。轟洋介の新規映像を求める者たちにとっては暗雲立ち込める状況です。手持ちの映像だけでこれから先も生きていかなければならない。数年後も轟洋介のことを毎日考えているだろうか。今、轟洋介への想いを記録しておかなければ忘れてしまうかもしれないと思い筆をとりました。

 今回、中の人である前田公輝さんの話はしません。私は轟洋介が好き過ぎて前田さんのことも好きになった者でして、ここまで魅力的な轟洋介の存在は前田さんの手腕なくしては創り出せなかったと思っていますが、そういう創られたものとしての話は一切しません。ただ轟洋介の好きなところと最高なところについて書きたいと思います。 

(私がキャラクターへの愛について、文章をしたためるのは10年ぶり2回目になります。 ちなみに1回目は大学生の時。跡部景吾を崇拝するようになり、跡部様のことを誰かに聞かれた際にうまく説明できるようにとレポート用紙に向かいました。私は作文が苦手なので、篤い信仰があったにも関わらずA41枚程度に収まってしまって、気持ち的には1万字なのにと自分の作文能力のなさに辟易した覚えがあります。信仰というのは比喩ではなく、好きとかそういうものではなく信じています。就職活動をしていた頃、跡部景吾の存在を心のよりどころとして生きていました。今も跡部様に恥じない生き方をしようと思っているし、精神的につらいことがあると必ず跡部様のことを思い出します。なお、私は氷帝学園3年A組クラスメイト総勢11,671名*1の内の一人です。)

 前置きが長くなりましたが、轟洋介の好きなところについて書いていきます。

轟洋介の好きなところ

まず、見た目。

 画像を見ただけで絶対好きだとわかってた。オタク女の性癖に突き刺さる見た目などと言われているが、その通りなのだろう。少なくとも私はそうだったし、日に数回twitterで「轟洋介」で検索するが、そのような趣旨のことを言っている人を結構見かけたから。とはいえ、オタク向けとか眼鏡キャラとかそういうの抜きにしても、本当に美しい瞬間がたくさんあるので万人に観て欲しい。

そしてここからが本題。動いたらもっと良かったって話。

 鬼邪高への転校時の廊下での教師の話を聞いているときの態度と表情、そして不良へ対する視線、ここ!特に最後の目!周囲へ蔑み、他者への冷淡さ、自信過剰さが全部表れている。こんなの好きに決まっている。

 そのあとに自己紹介で風を起こしつつ二人をサクッと倒すが、その際の攻撃前の笑顔と、倒した後の「狩り成功」発言、倒した相手への軽い話しかけ方。良心が欠如している。

 そして、多分私が一番魅力を感じている部分はここじゃないかと思うんだけど、自尊心の高さ。不良に酷いことをされたときに「なんでクズどもに命令されなきゃならないのか」と気づいた、というところ。自分が悪いというような卑屈な方向にいかず、なんでこの俺様がクズの言うことをきかないといけないんだと考える客観性とプライドの高さ。素晴らしい。気高い。かっこいい。

 このままだと状況は変わらないと行動にうつして、状況を打破するところも最高にクール。

 不良狩りをしているけれど、自分をいじめていた不良を恨み憎んでいるという感情から行っているようにはあまり見えない。小さいゴミくらいにしか思っていなさそうに見える。

 そういう轟が、村山さんと出会って変わるところ。

 轟はかつて不良にいじめられ「暴力的な人間が支配する世界」に嫌悪を抱いていたと思う。そこから逃れられないので、自分を肉体的に鍛えることでその世界の中で強者の側にまわった。

 クズを力で打ちのめし自分が優位に立つことに快感を覚えてはいるが、自分が嫌悪していた世界の中にいる。自分をいじめていた奴らの世界観とルールに縛られていることを自分ではわかっていない。いくら不良狩りをして自分の優位性を示しても、心は満たされない。満たされないから、鬼邪高の頭を倒せば何かが変わると思い転校した。

 村山さんが「拳が強いだけじゃダメなんだ」と言って轟に勝つことは、轟が縛られている世界観を壊すことになる。村山さんと戦って負けたことで、轟は自覚なく囚われていた「暴力的な人間が支配する世界」から解放されたんだと思う。

 この二人の出会いを観ることができて私は本当に幸せだ。轟洋介と村山良樹が出会えて本当に良かった。村山さんと闘って負けたことで世界の見えかたが変わり、村山さんのことを特別視するようになる轟。それを考えると何とも言えない感傷的な気持ちになる。

 ザムでのトラックの上でのやり取りと、その後の湾岸での共闘も素晴らしかった。轟も村山さんもお互いがお互いの影響により変わっていて、わかり合って協力して闘う。たとえ村山さんが卒業してしまい2度と会わなかったとしても、轟は一生このことを思い出す。私はこの二人の関係が大好きだし、これから先もこの二人の関係が続くことを願っている。

最後に

 轟洋介を最初に観たとき、なんて私向きのキャラクターだろうと思いました。私のために創られたものかと思いました。潜在的に求めていた眼鏡キャラそのものであり、かつ求めていた遥か上をいくものでした。すべてが好きです。なんかこうお腹(みぞおちのあたり)にグッとくる感じの、頭だけじゃなくて全身で好きだと思う好き具合です。きっとこれから先もこれ以上の眼鏡キャラは存在し得ないだろうと思っています。

 また、轟洋介と村山さんのことを考ると、日常だろうが幸せだろうが何だろうがその瞬間が美しくてせつないし、この二人の幸せを本当に願っています。轟洋介と村山良樹がいる世界はこんなにも美しいのだから、つまり私のいるこの世界は美しいものなんだと思います。

 HiGH&LOWと轟洋介、村山良樹を創り出した関係者の皆様、本当にありがとうございます。関係したすべての方に感謝しています。

 全然うまくまとめられなかったけれど、のちの私が読んで理解できる文章になっていますように。

*1:「新テニスの王子様」19巻で募集された企画で、20巻の巻末にクラス名簿が掲載されています

「だから荒野」について

 以前行ったアンケートで、

  • 演技している時の話し方が最高に上手い 特に「だから荒野」の健太の冷めた声質が最高 

と回答をくださった方がいて、最高なの観たいということでNHKドラマ「だから荒野」を観た感想です。

 森村健太すごく良かったです!話し方、冷めた声質本当に最高でした。つまらなさそうな表情、相手を見下して責めるときの目、見てて苦しくなりました。特に6話、心にくる。前田さんの最高な演技を観て楽しもう的な趣旨で見てたのに、完全に感情移入してた。役者ってすごいな!

 演者を観るための作品じゃなくて、ドラマを観るための作品に必要な役者さんなんだろうなと思いました。いや、主演の魅力を楽しむのが目的の作品にも必要なんですけど、バカレアとか最近の脅迫とか、そういう主演を引き立てつつ作品を成立させるのにも必要なんですけど。なんというか、観る側より作る側にとって必要な人な気がする。よく知らないけど。

 総括すると最高でした。観て良かったです。

 あと、お話とか演技関係ないただの前田好きのここが良かったポイントとしては、顔がかわいいきれい。苦笑いする。髪型も雰囲気もシュッとしてて鋭い感じなのでサメっぽいっていうのわかる。学ラン姿が観れる、学ランの時の表情かわいい。干してあるパンツが赤のチェック柄。

【BS日テレ11月14日(火)24:00~24:30】HiGH&LOW Season2 Ep7を観てください

 HiGH & LOWをまだ観ていないこの世の眼鏡男子好き、漫画を眼鏡買い*1したことのある人たちへ向けて書きます。

(自己紹介をすると、私のベスト眼鏡はサムライチャンプルーのジン、テニスの王子様忍足侑士、そして今回紹介する「轟洋介」です。他にも好きな眼鏡はたくさんいるのですがトップ3を決めろと言われたらこの3人で、順位はついていません。)

 まず轟洋介で画像検索をしていただきたいです。画像さえ見てもらえば、大抵の眼鏡キャラクター好きには興味を持ってもらえると思います。 

  少しでも興味をお持ちいただけた場合、BS日テレで【11月14日(火)24:00~】HiGH&LOW Season2 Ep7が放送しますので、軽い気持ちで観ていただけると幸いです。ドラマ自体が最高に熱く面白いので、自分の好きな眼鏡キャラとはちょっと違ったわ、という場合も絶対損はさせないと思います。何回も繰返し観てるのに毎回真剣に観てしまう面白さです。なお、今すぐ観たい場合はHuluやdTVなどの動画配信サイトでも観ることができます。

 あまり興味がわかないなぁ2次元専門なのでという方、大丈夫です。2次元より2次元ですし動いたらもっと素晴らしいので!3次元は2次元に敵わないよという方、その気持ちわかります。2次元って本当に美しく理想的に描かれているから可愛さや美しさで現実の人間が敵うわけがない、私もそう思っていました。でも違った。次元は関係ない。3次元でも理想の眼鏡は表現できる。だから、皆さんにも観て欲しい!

  • 色白眼鏡男子が好きな方、絶対はまるから安心して観てください。
  • 少年漫画の眼鏡が好きな方、HiGH&LOWって少年漫画なんでぜひ観てください。
  • 青年漫画の眼鏡が好きな方、HiGH&LOWは青年ヤンキー系漫画でもあるので絶対おすすめします。
  • 少女漫画の眼鏡が好きな方、とてもかっこいい眼鏡がでてくるんですよ。好きにならざるを得ない眼鏡が。しかもCLAMP先生がかわいらしく漫画化していますので、そちらを読んでいただくのも良いと思いますし、その原作にあたるドラマについてもいかがでしょうか?
  • 耽美系漫画の眼鏡が好きな方、HiGH&LOW自体は少年漫画ですが、轟洋介は中村明日美子古屋兎丸の作画だと言われるような美しさを持っています。佐条利人*2やゼラ*3に心惹かれる方はきっと好きだと思いますので、よろしければぜひ。

 ここまで、ほぼビジュアルの話しかしておらずどんなキャラクターなのか紹介していないので、ネタバレを気にしない方向けに簡単に説明すると、轟洋介は頭が良い系の眼鏡ではなく肉体派格闘系の眼鏡で、苛められていた過去があります。性格は悪いと言ってしまって差支えないと思います。とにかく非常に魅力的なキャラクターです。

 HiGH&LOWは連続ドラマですが、轟洋介を観るという目的であれば途中からでも何の問題もありません。Episode 7、8できちんとお話が完結しております。山王パート(続いていてよくわからないなという部分)はとりあえずスルーしていただいて、鬼邪高の部分だけで良いので、ちょっと観てみるかくらいの気持ちで、ぜひ観ていただけるとうれしいです。

放送予定日時

BS日テレ HiGH&LOW Season2 

Ep 7 11月14日(火)24:00~24:30
Ep 8 11月15日(水)24:00~24:30 

この世に轟洋介好きが増えて、考察や二次創作などが増えることを願っています。どうぞよろしくお願いします。

 

*1:良さげな眼鏡のキャラクターがいるという理由で漫画を買うこと

*2:中村明日美子「同級生」シリーズの登場人物

*3:古屋兎丸作「ライチ☆光クラブ」の主人公

視聴状況メモ

 視聴済み

ドラマ(五十音順)

  • 赤ひげ(とても良かった)
  • 雨が降ると君は優しい
  • 今からあなたを脅迫します【第4話】
  • ガードセンター24  広域警備指令室
  • ガキ☆ロック -浅草六区人情物語-
  • 学校じゃ教えられない!(大分飛ばしながら最後まで)
  • 仮面ティーチャー(岸優太くん目当てに昔視聴済み)
  • 金田一少年の事件簿 獄門塾殺人事件(飛ばしながら)
  • 月曜名作劇場・あんみつ検事の捜査ファイル2
  • 恋文日和【第6話】(最高)
  • コウノドリ【2話00:43】(出てそうなとこだけ)
  • ごくせん 第3シーズン(出てそうなとこだけ)
  • 残客な観客達【7話7:00~、8話9話少し、10話冒頭ほんと少し】(出てそうなとこだけ)
  • 三匹のおっさん スペシャ
  • 私立バカレア高校【第7話】(最高)
  • だから荒野(結構ちゃんと観た)
  • ダマシバナシ
  • デスノート2015(出てないところをちょっと飛ばしながら最後まで)
  • 毒島ゆり子のせきらら日記【1話11:47~】(全話ちゃんと見た)
  • ビンタ!〜弁護士事務員ミノワが愛で解決します〜【第11話・第12話】
  • プラトニック(出てそうなとこだけ)
  • プロデューサーK
  • プロデューサーK2
  • ホクサイと飯さえあれば(出てないとこちょっと飛ばした)
  • ホワイト・ラボ〜警視庁特別科学捜査班〜【第8話】
  • ゆとりですがなにか【7話41:24~、8話7:38~】(出てそうなとこだけ)
  • ワイルド・ヒーローズ【2話45:40~】(出てそうなとこだけ)
  • HiGH & LOW ~THE STORY OF S.W.O.R.D.~シーズン2【7話8話10話】
  • MARS ただ、君を愛してる【第5話 - 第10話】(5話からちゃんと観た)
  • SHARK【第4話】
  • 凍牌 裏レート麻雀闘牌録

映画

  • 愛流通センター
  • ガキ☆ロック
  • 仮面ティーチャー
  • 愚行録(42:44あたり)
  • 幸運の壺 Good Fortune
  • サイコギャンブラー破滅的遊戯(お話がつまらなかった)
  • スラッカーズ 傷だらけの友情
  • トリハダ‐劇場版2‐(出てる話だけ観た)
  • ひぐらしのなく頃に
  • ひぐらしのなく頃に 誓
  • ホテルコパン
  • HiGH & LOW THE MOVIE
  • men's egg Drummers - メンズエッグ・ドラマーズ
  • TOKYO CITY GIRL「KOENJI 夢の寿命」
  • Diner ダイナー

舞台DVD

  • 12人の優しい殺し屋
  • ぶっ壊したい世界

その他